Menu

冷え性

Home
症例紹介:内臓、その他|無痛ゆらし療法

症例紹介

冷え症とは?

一般病理学によると

特に寒くない気温なのに、手足など体の特定の部分だけがいつも冷たく感じてしまうなどの症状で、自律神経やホルモンバランスが正常に機能しなくなったり、低血圧や貧血で起こるとされています。
疲労やストレスなど様々な原因で筋肉が緊張してしまい、血流が滞った時に冷えの症状が出る事が考えられます。

塚本整体院では

冷え性の症状は、まず手足などの末端部分に現れます。
これは、身体にとって最も大切な部位を寒さという攻撃から守る為で、栄養のある血液を脳や内臓に多く送ることに力を注ぎ、手足等の末端の血液が不足することで起こる現象です。

この時、身体は無意識下で自らの生命を1秒でも長く保つための防衛行動を行っています。
疲労等の攻撃から最も大切な部位を守る為、結果的に手足は冷たくなってしまうのです。

解決方法としては、まず筋肉の緊張を取り除くことです。
緊張を取り除き血流をよくする事で、脳や内臓に十分な血液が送られ、末端まで血液を回す余裕がうまれるのです。